今日はこの一冊。 「世界に通用する一流の育て方 地方公立校から<塾なしで>ハーバードに現役合格」です。娘さんを大分県の県立高校からハーバード大学に現役合格させた経験と独自の教育法をお母さんが綴った一冊です。

ちなみに、著者は現在大分県で英語教室を運営するとともに、夏にはハーバード大生が講師のサマースクール「Summer in JAPAN」も主宰しています。東大などの日本国内のトップ校に見向きもせずアメリカのトップスクールへ、というストーリーはまさに今どきの一冊。ちなみに、習い事は遊び感覚ではなく真剣に取り組むことをモットーに、幼少期からバイオリンを弾いてきた娘さんはハーバード大卒業後はジュリアード音楽院に進学するそうです。