日本国内のインターナショナルスクールには、どのような人が通っているか。実に色々な家族がいると思いますが、まずは

①インターに通う必要性がある、という客観的事実を持った家族

②そういった客観的事実は持ってはいないが、自ら選択してインターに通う家族

と、2つのグループに分類して考えてみたいと思います。

前者のグループには、大使館関係のご家庭、海外からの駐在員家族が該当するでしょう。また、海外駐在から帰国してきた日本人家族もこれに含まれるのではないでしょうか。海外生活が長く日本語から遠退いてしまったお子さんは、教育の継続性の観点からもインターナショナルスクールで引き続き英語環境で学校生活を送ることが理にかなっていると思われるからです。

後者のグループには、実に様々なケースが含まれると思います。近い将来海外赴任の予定があるご家族。小学・中学くらいの段階でボーディングスクールへの送る予定があるので、その前に国内のインターで準備段階を過ごしたいケース。様々です。また、両親ともに日本人でも自身が海外就業経験や留学経験をお持ちで英語が流暢なご家族、はたまた、両親ともに英語を話さないが子供にはどうしても英語教育をしたいと願う家族。子供をアメリカンスクールに入れるために、わざわざハワイに行って(子供にアメリカ国籍を持たせるために)出産してきた日本人お母さんにお会いしたこともありますよ。

そして、この2つのグループの中間あたりのポジションとなるのが、日本人と外国人とのハーフのお子さんですね。長期的に日本に居住する予定があって日本の大学を受験する予定であればインターナショナルスクールに通う理由がない、というご家庭もあれば、日本に住む間に英語が弱くなってしまうことを避けるためにあえてインターへ、という選択肢もあるかと思います。また、外国人と一言で言っても、英語圏ではない国ご出身の場合もありますから、夫婦間の会話を普段何語でしているか、そして子供には何語を話して欲しいのか、という点も当然学校選びの重要なキーになってくるかと思います。もしろん、将来の大学受験を国内にするか海外とするか、にもよりますね。