スマホデューは何歳くらいが最適か、という問題について。非常に月並みではございますが、我が家もこの問題について未だ答えにたどり着いておらず、悩んでいるところです。現状、小学生の我が子は、子供ケータイを使っていて特段の不便を感じていません。

子供が小学校中学年に差し掛かる頃、子供の「クラスメートの一人、二人」がスマホを首からぶら下げて通学しているのを見るようになりました。

「えー!早すぎない?」と驚いたものです。我が子は親にしか発信できない所謂「子供ケータイ」を持っており、母親の私のスマホで漢字ゲームをしたい時も、許可を得てからというルールは守っています。本人も私も、今の状態で特に問題を感じていません。

しかし、です。

  • クラスの中にスマホを首からぶら下げて登校してくる生徒が前より増えた。
  • 学校が終われば即座にスマホを立ち上げLINEでメッセージのやりとり。(LINEの相手がその生徒の母親で帰宅方法について相談しているのかもしれませんが...。そうでないかもしれませんし、わかりません。)
  • クラスメート数人が「グループでLINEなどを通してメッセージのやり取りをしていた」と明らかに分かるような話をオープンにしている。
  • 「昨日は夜中までスマホやっているのをお母さんに見つかって怒られちゃったー。」などという会話が漏れ聞こえてくる。

というような数々の事柄を、子供が学校で見聞きして来るようにまりました。こうした、LINEなどのスマホアプリで友達や他の人とコミュニケーションを取るケースに加え、やはりスマホ画面を目から20cmの至近距離に構えたまま道路を渡っていたり、とゲーム中毒になっているケースもやはり多いですね。

そして、これには「各家庭の価値観のあり方」という問題が根底にありますよね。

  • まず、物理的に高額のスマホを子供に与えることができる家庭、そうでない家庭。(中には、親の古くなったスマホをお下がりとしてもらうお子さんもいるようです。)
  • 小さな子供にスマホを持たせても問題を感じない家庭、そうでない家庭。「小さな子供」の定義も家庭それぞれで違います。小学1,2年生は小さいが3,4年生はもう小さくない、と定義する人もいるかもしれません。
  • 子供が夜中までLINEのやりとりに夢中なのも、ちょっとくらい仕方ない、と許容する家庭、そうでない家庭。

子供にとっては試練の時です。「●●ちゃんはスマホを持っているのに、自分は持ってない。」「●●ちゃんはスマホでゲームをやっているのに...。」「●●ちゃんはLINEをやっているのに...。」

なぜ自分は?

という自分の現実に直面してしまうわけです。

(次回続きを書きます。)

ミネルバ大学 / Minerva Schools at

今読んでいる「世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ Minerva Schools at KGI」をご紹介したいと思います。すでに日本のメディアでも「ハーバードより難しい READ MORE...

ボーディングスクール

今日はこの一冊。創立者小林りん氏が軽井沢に全寮制国際高校「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)」を開校するまでの経緯を語った「世界を変える READ MORE...

バイリンガルとIQ

イギリスのレディング大学が行なった調査によると、「違う国に住みながらも、家庭では自国の言葉(母国語)を話し続けた子供は、IQがより高い」ということがわかったそう READ MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。