国内のインターナショナルスクールに通う子供さんたちの本当の英語の実力というものは、本当に人それぞれであり、計り知ることができないものだと思います。親でも自分の子供の英語力がよくわからない、と日本人である私は常日頃から感じています。しかし、「インターに通っているから=英語力が高い」という理解は間違っている、ということだけは確信を持っていえると思います。

国内のインターには、本当に様々なバックグラウンドのお子さんがいますが、日本人家族のお子さん(その中にも、両親共に英語を話さない家庭、どちらか片方のみ話す、海外滞在経験豊富な家庭、両親どちらかが英語圏の大学を卒業したパターンなどなど)も本当に多く通っています。(←先日のブログでも触れた話題です。)

その結果、そのインターナショナルスクールにおいて、生徒たちの割合(英語圏家族のお子さんと、そうでないお子さんの比率)は必然的に学校全体の英語力と関係してくると思います。

そこはそのスクールの腕の見せどころでもあります。ESL(English as a Second Language = いわゆる、英語サポート)の充実の度合いがそれです。大抵のインターはESL専門のチームや教師を配置していて、非英語圏家庭のお子さんが転校してきたらしばらくの間、英語のサポートをつけたりしていると思います。

しかしです。

一番肝心の「ESLの成果」については、それこそ「人それぞれ」。

幼稚園時から3年、4年以上インターナショナルスクールに通っていても、ESLサポートが付きっぱなしというケースも正直よく見かけます。たとえば、ESLの目安は2年、という時間軸をもってサポートを提供する学校もあれば、何年も提供し続けてくれる学校も様々です。

言語の系統が似ている似ていない、で言えば、日本語は間違えなく英語とは遠い関係にあると思います。したがって家庭内で日本語のみを話している日本人生徒にとっては、教育言語を英語として据えてゆくことに多少の困難を感じ始めるのは小学校に上がって数年目あたりになるのでしょうか。そういったケースはよく目にします。逆に、同じ「非英語圏の家族」のお子さんでも、北欧やラテン語圏からの転校生は割とすんなりESLを卒業し、ESLなしで通常の授業をこなせるようになることが多いです。英語を学習言語に据えてゆけことに対するハードルがそこまで高くない、という印象を受けます。

幼稚園や小学校低学年くらいの言葉がヨチヨチでもまだ可愛い、で済む年齢だとさほど心配はないかもしれませんが、小学校中学年(語彙が抽象的になったり、内容が難しくなり始める時期)かそれ以上の年齢に差し掛かったあたりからは、やはり自分の子供の英語力の実態に対し注意を払うべきだと思います。

そのあたりの年齢以降になると、「英語を学習言語として設定すること」そのものに無理が生じていた場合、修正がかなりきついのではないかな、という感触を持っています。

参考用オススメ本

世界で生きるチカラ:国際バカロレアが子どもたちを強くする

世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト45 地方公立→ハーバード合格! どこの国、会社でも活躍できる子の育て方

 

ミネルバ大学 / Minerva Schools at

今読んでいる「世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ Minerva Schools at KGI」をご紹介したいと思います。すでに日本のメディアでも「ハーバードより難しい READ MORE...

ボーディングスクール

今日はこの一冊。創立者小林りん氏が軽井沢に全寮制国際高校「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)」を開校するまでの経緯を語った「世界を変える READ MORE...

バイリンガルとIQ

イギリスのレディング大学が行なった調査によると、「違う国に住みながらも、家庭では自国の言葉(母国語)を話し続けた子供は、IQがより高い」ということがわかったそう READ MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。