年末年始、田舎に帰省中に大きな本屋さんに行きました。そういえば東京の日常生活の中でこんなに本屋さんでゆっくりしたのは久しぶり。考えてみると、私が本を買うときって「何か良い本ないかな〜?」「何を読もうかな〜?」のexplore(=探索)型ではなくて、必要ベースでネット書店でガシガシ買うパターンが多い。それ以外はひたすら地元の図書館に出入りしている私です…。

この日は時間に押されず、のんびり書店内をぶらぶら。たまにはこういうのってイイ!贅沢した気分。そして二冊購入!

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前から読みたいと思っていたアグネス・チャンの子育て本。三人もお子さんがいてご自身も超多忙の中子育てをしていて、それでいて高校からは超名門ボーディングスクール、そしてスタンフォード大学(彼女自身もそうです。)に入学したということは、彼女の子育ての中に確固たる正攻法があったのだと思っていました。私の田舎の国道沿いにある本屋さんでも発見できてラッキー!購入一冊目はこれ!

日本人でも知らない、日本の研究家、発明家などを紹介する一冊。こんなに凄いものを発明・発見したんだ!と、恥ずかしながら知らずにいた人物に出会える一冊に。

インター生 英語の実力①

国内のインターナショナルスクールに通う子供さんたちの本当の英語の実力というものは、本当に人それぞれであり、計り知ることができないものだと思います。親でも自分の子供のREAD MORE...

インター生 英語の実力②

必ずしも「インター(国内のことです)に通っているから=英語力が高い」とは言えない、ということを先日のブログに書いた矢先、ある都内の新興インターナショナルスクールREAD MORE...

バイリンガルとIQ

イギリスのレディング大学が行なった調査によると、「違う国に住みながらも、家庭では自国の言葉(母国語)を話し続けた子供は、IQがより高い」ということがわかったそう READ MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。