いつまで続くか?!この「Chemistryに目覚めた!」シリーズ。苦笑 ... できれば中学ぐらいのレベルをカバーできたら上出来かな、というイメージを持っていますが、三日坊主に終わらないようにしたい。この化学ブーム。何歳だから、何年生だから、という枠組みやしがらみ?は一切無用。学びたいと思ったことなら、何だって自由に学び進めてください。といつも子ども達に言っています。私は私で、「いかにコストをかけずに基礎知識を習得できるか!」チャレンジをしている心持ちです。笑 だからなるべく初期投資(本や塾への出費)をかけずに、ネット上の無料コンテンツを駆使して、長男くんのChemistry熱に応えてあげたいと思います。分かりやすく解説した文献や動画など、日本語だけでなく英語圏も含めてインターネットサーチすれば、優良な学習材料が無数にそして無料で探し当てることができます。インターナショナルスクールに通っていて英語を学習言語として操ることができるAdvantage(利点)をフルに活かして貪欲に学んで欲しいと思います。

Khan Academyのサイトで快調に「Introduction to the atom」を進めています。長男くん。ビデオを一日一本くらい、無理だったら一週間に二、三本のペースで見てみようか、という話をしているところです。ビデオを何本か見た後に、「Practice」という復習問題に挑戦することもできます。子どもが通うインターは宿題が少ない(全然ない時もある)ので、家庭でこういったホームスクーリング感覚の勉強をして世界を広げる時間が持てるのは良いことだと思います。

(「Khan Academy」ウェブサイトから引用)

このエントリーをはてなブックマークに追加

長男くん「う。難しいかも。」っと立ち止まったのは、「Mole」(物質量)「Adogadro's number」(アボガドロの定理)の箇所でした。化学ネタ苦手な私はネットでサーチ!便利な世の中に感謝!そしてまずは、「アボガド」ではなく「アボガドロ」であるところから復習。泣 おかしいなあ。私も一応高校を卒業したはずなんですけどっ...

こちら↓が、長男くんが立ち止まってしまったアボガドさんです。(こらっ!)

(「Khan Academy」ウェブサイトから引用)

ネットサーチの結果。親切なサイトを発見。「家庭教師のトライ」の中・高生向け営業授業サービスのビデオです。「物質量の定義」ということで、高校化学基礎の中で大事な項目のようです。「家庭教師のトライ」!!ありがとう!!子どもとの会話について行けるように、私がありがたく見させていただきます。

(「映像授業 Try IT(トライイット)」から引用)

「難しい。」と言う長男くん。今日明日すぐに化学の試験を受ける身でもないので、ここで撃沈するよりかは、まずは広く興味の世界を広げて行きたい、と言うニーズです。「ここは完璧でなくでも、こう言うものがある、と知っておけばいいんだよ。じゃ、次行ってみよう!」ってな感じで誘導して見ました。

ビデオはまだ2つ残っていますが、右手にある「Practice(練習問題)」をやってみたら軽々とついて行けるようなので、ここはひとつ「Molが難しくてわからない!」という認識を強く持ちすぎないように、先へ進むことを促してみました。

インター生 英語の実力①

国内のインターナショナルスクールに通う子供さんたちの本当の英語の実力というものは、本当に人それぞれであり、計り知ることができないものだと思います。親でも自分の子供のREAD MORE...

インター生 英語の実力②

必ずしも「インター(国内のことです)に通っているから=英語力が高い」とは言えない、ということを先日のブログに書いた矢先、ある都内の新興インターナショナルスクールREAD MORE...

「英語出来てすごいですね。」

某有名人夫婦のご子息が難関私立中学校を受験する様子を密着取材する番組が放送されており、ブログやSNSでは激励や批判などの感想が飛び交っているようです。インターナショREAD MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。