少し前のことになりますが、昨年2018年11月に受験したABRSMの試験結果が12月1週目に届きました。こちらは実技試験の方です。合格証書ではなく、コメンタリーと言うか評論付きの試験結果です。(合格証書はその数週間後に届きます。)筆記体ニガテな私どもの所にバッチリ筆記体のコメンタリー!頑張って読みますよ。笑

試験という試験を受けるのは初体験の次男ちゃん。何とか合格しました。試験結果には、合格と不合格があり、また合格の中にも上から「Distinction・Merit・Pass」の三段階があります。それぞれ上から「優・良・可」みたいな感じでしょうか。

次男ちゃんの試験結果は、「Pass with Merit」=「"良"で合格」です。前夜にいきなり発熱してびっくりしましたが、何とかなりました。良かったー!この試験は受験料がとても高いので、とにかく受かっておくれ!(=同じグレードを再受験したくなーい!)というのが私の心の声です...。子どもの成長とお財布管理の両方を頑張っているママの声、ホンネなのです。

ご参考までに、3曲中の1曲分のコメントは潰さずにそのまま掲載しますね。「Carefully played」という評価を頂きました。この「Carefully」というのは褒め言葉ではなく、「恐る恐る弾いてしまっていましたね」というネガティブコメントだと私は理解します。一曲目だから少しビビってしまっていたのかもしれません。実技試験の試験会場には親など家族は入れませんので、その時の本当の様子は私にはわかりません。(会場内に入ってどうしても子どもの演奏を聞きたいお母さんは、弦楽器などの伴奏者として3曲分のみ入ることができます。)

音階演奏(これは暗譜しなければなりません。)と初見演奏などで減点されてしまいましたね。家での練習の様子を見ている私の感触としては、納得というか、想像がつく、評価だと思います。ともあれ、この試験結果はある時点でのスナップショット。成長の道のりの中の、ある時点での断面図評価である、というように受けとめています。練習嫌いの次男ちゃん。今年も歩みを止めず、少しづつで良いので前進したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chemistry に目覚めた!③

いつまで続くか?!この「Chemistryに目覚めた!」シリーズ。苦笑 ... できれば中学ぐらいのレベルをカバーできたら上出来かな、というイメージを持っていますが、三日坊主にREAD MORE...

インター生 英語の実力②

必ずしも「インター(国内のことです)に通っているから=英語力が高い」とは言えない、ということを先日のブログに書いた矢先、ある都内の新興インターナショナルスクールREAD MORE...

「英語出来てすごいですね。」

某有名人夫婦のご子息が難関私立中学校を受験する様子を密着取材する番組が放送されており、ブログやSNSでは激励や批判などの感想が飛び交っているようです。インターナショREAD MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。