マイアミで児童教育の研究を行なっている心理学者Dr. Hansonという方の記事を見つけました。バイリンガルの子どもを育てることの恩恵、利点についてまとめています。だいたい15個くらいのポイントが箇条書きされているのですが、バイリンガルの子どもを育てている親として納得の「それ、わかるわかる!」ポイントがたくさん。

そのうちの一つに、「その場に求められる状況に合わせながら複数の言語を操るバイリンガルキッズは、頭が柔軟である。他者への忍耐力、思いやりなどの気持ちが育つ。」というものがあります。これについては、多くのサンプル数を見比べ「忍耐力がより高い低い」、とか「思いやり度がより高い低い」を測定できる訳ではないのでなんとも言えませんが、こう育ってくれたら親として本当に嬉しいですよね。「自分の言語ではこう言うけれど、他の言語では・・・?」と言う、他者を思い、考える習慣というのは確かに大切だし、気持ちや脳の回転としては有益なんだと思います。

Bilingual children are more open-minded. Children who are exposed to more than one language tend to adjust better to changes in the environment. Learning about other cultures through language helps them develop tolerance, compassion and empathy for others.

MiamiHeraldThe benefits of raising a bilingual child」から引用)

そして、これ。「バイリンガルキッズは、より簡単にさらに他の言語を学ぶことができる。」というもの。これはとっても納得。Agree!!!です。既にバイリンガル(既に2言語を知っている)であるということは、3つ目、4つ目の言語を習得する時のハードルを確実に下げてくれると思います。幼少の時から、「世の中には、自分が話せる2つの言葉以外に他にも言語がある。英語で〇〇は、他の言葉では何だろう。」といった基本的な概念を持っているということは非常に有用です。大人からしてみれば当たり前の事ですが、未就学年齢の子どもが「他にも違う言語がある。他の言語では違う言い方があるんだ。」と知っているか知っていないか、という事でスタートラインが変わってくるんだな、という感触が私にはあります。子ども達が第3ヶ国語を習い始めた時、そして長男くんが遊び程度ですが第4ヶ国語(現時点では挨拶、その言語のアルファベットをいくつか読み始めたレベル)の扉を開けた時。新しい情報の処理能力が、私のそれ(日本の義務教育で英語を学び、受験英語はできるが一切会話ができない典型的田舎の昭和生まれ日本人。社会人になってから会話を習得。)とは別次元に高いと感じます。

例として、長男くんが第四ヶ国語に触れ始めた時の話を挙げます。「バ」という音がある時に、これは「b」という子音(のアルファベット)があり、そこに「ア」の音になる母音(のアルファベット)を組み合わせたら「バ」になるんだ、という音が成るんだ、ということが勘どころとして長男くんにはすぐに理解できるのです。その国のアルファベットを始めてまもない時の事です。そして、これが「ア」の音を指すアルファベットだな、ということが確認できたら、「カ」「ナ」「パ」など他の「ア」を母音にとる音たちにも、同じアルファベットが応用できる、と即座に掴んでしまいました。小学低学年の子どもが一人でにトントンこなしているのを見た時、これは正に「外国語の勉強慣れ」している、という感触を得ました。

Bilingual children can more easily learn another language. Language skills reinforce each other, so if your child already knows two languages, learning another one benefits from those skills.

MiamiHeraldThe benefits of raising a bilingual child」から引用)

他にも、「違う言語を聞いて理解しようとする時に、その言語の音の周波に自分の耳を合わせいる。したがって、バイリンガルキッズは聴覚能力に優れている。」といったような、内容も含まれていました。

Bilingual children possess stronger listening skills. Like a musician who trains their ears for the sounds of a specific note, bilingual children learn from a young age how to tune their hearing to unfamiliar sounds and words which develops their listening skills.

MiamiHeraldThe benefits of raising a bilingual child」から引用)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chemistry に目覚めた!③

いつまで続くか?!この「Chemistryに目覚めた!」シリーズ。苦笑 ... できれば中学ぐらいのレベルをカバーできたら上出来かな、というイメージを持っていますが、三日坊主にREAD MORE...

インター生 英語の実力②

必ずしも「インター(国内のことです)に通っているから=英語力が高い」とは言えない、ということを先日のブログに書いた矢先、ある都内の新興インターナショナルスクールREAD MORE...

「英語出来てすごいですね。」

某有名人夫婦のご子息が難関私立中学校を受験する様子を密着取材する番組が放送されており、ブログやSNSでは激励や批判などの感想が飛び交っているようです。インターナショREAD MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。