都立国際国際高校のIB(国際バカロレア)カリキュラム修了一期生(2018年3月卒業組のこと)の海外大学実績が発表されたことについて、記事を書いたことがありました。比較対象があったほうが面白いかな、と思って、併せて広尾学園、そして都内インターナショナルスクール2校分も掲載してみました。学校名で検索エンジンをかけられる方が多いからだと思いうのですが、たくさんのアクセスを頂いている記事なので...今日は、ついでと言ってはナンですが、ハイスクール部門をもつ他のインター3校分も調べてみました。

まずは、Yokohama International School。IB(国際バカロレア)カリキュラムの老舗校。外国でIBカリキュラムを進めてきたお子さんが(例えば、駐在先の国から日本に帰国する際の)編入校探し時に検討されることが多いようです。海外で通っていたIB校が(生徒数が多い)マンモス校だったわ!といったご家族は、Yokohama International Schoolの規模感=IB指導の良く行き届く感じを好意的に見られるという話をちらほら聞いたことがありますね。

Yokohama International SchoolUniversity Matriculation」から引用)

数年分がまとめられていますが、このような感じです。リストがとても長いので見にくいと思います。全体像はこちらからご覧くださいね。2014-17年の4年間のうちにUniversity of Cambridge、Cornell University、Prinston Universityなどが含まれている感じですね。

はい、次!

UWC ISAK JAPANSchool Profile」から引用)

この上のリストは、軽井沢のUWC ISAKのものです。なんとミネルバ大学に進まれた生徒さんがいたんですね!頼もしいです。まだ卒業生が出始めて間もないのですが、これからどんどん名門校に進んで行くのかしら。これからが楽しみです。

そして最後は、British School in Tokyo。こちらの進学先はリストという形では見つけることができませんでした。

The British School in TokyoACADEMIC RESULTS」から引用)

リストにはなっていませんが、「UK, including Cambridge, Durham, Edinburgh, Manchester and University College, London.」との文面が。ブリティッシュスクールということもあって、同じページにはGCSEやA-levelのスコアなどが掲載されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chemistry に目覚めた!③

いつまで続くか?!この「Chemistryに目覚めた!」シリーズ。苦笑 ... できれば中学ぐらいのレベルをカバーできたら上出来かな、というイメージを持っていますが、三日坊主にREAD MORE...

インター生 英語の実力②

必ずしも「インター(国内のことです)に通っているから=英語力が高い」とは言えない、ということを先日のブログに書いた矢先、ある都内の新興インターナショナルスクールREAD MORE...

「英語出来てすごいですね。」

某有名人夫婦のご子息が難関私立中学校を受験する様子を密着取材する番組が放送されており、ブログやSNSでは激励や批判などの感想が飛び交っているようです。インターナショREAD MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。