インターナショナルスクール、そしてかつて通ったプリスクール。はたまた、外国人世帯が比較的多いとされる地区の保育園。ご近所など。様々なコミュニティで出会ったご家族、お子さん、そして自分の子ども達。総合すると、子育てする中で言語の習得や成長具合について悩んでいるママ達が多いと感じています。いわゆるハーフのお子さん達。我が子たちだけでなく、周りにもたくさんいます。皆さんの不安や悩みが良く理解できます。私だって同じことで日々頭を悩ませていますから。

一番手っ取り早くその悩ましい心の中を整理するためには、子どもが「どの国の大学に進学するか」「その受験のために使用する言語は何か」という事を早い段階で決め、そしてそれを途中で変えないことです。早い段階で、というのは「就学年齢に達する時には」決めて置くことが理想的だと思います。

仕事で海外駐在になり駐在先の国の言語が、英語でも日本語でもなく苦労されているご家族、日本人人口が少ない小国で子どもの日本語を維持するために奔走されているお母さん、様々な事情のご家庭をたくさん知っていますが、それらは皆、旦那さんのお仕事の関係で止む終えない事情が背景にあります。どうしたら日本に住んでいない子どもの日本語を維持し、成長させるか。現地校で血の滲むような努力をされているご家族をたくさん知っています。

逆に、そうでもない場合。そういった止む終えない事情がない限りは、原則としてはやはり「就学年齢に達する時には大学受験で使用する言語を教育言語に定め、それを後になって変えたりしない」ことだと思います。アメリカの大学を受けることを前提にするのであれば、今住んでいる国が日本であろうとインターで英語を使用して教育を受けることは理が通っています。逆に、欧米の大学を受ける方針が固まってもいない、もしくはそこまで考えてもいない段階で、インターに入れ、やっぱり後になって日本の中高を受験してね。っていう方向転換はお子さんにとってあまりに酷です。

  • 夫を一人日本に残しマレーシアなどのアジアに母子留学の形で現地のインターに通っていたものの、治安への懸念が生まれ突然日本に帰国。帰国後日本の学校に入れたものの、子ども本人は日本語と日本の環境についていけず。
  • ジュニアボーディング(小学生から欧米のボーディングスクール)をしていたものの、やっぱり日本の中学受験をするために帰国準備。現地在学先のボーディングの勉強に加え、日本の中学の過去問を解く日々。忙し過ぎてどっちつかず。
  • 両親ともに英語を一切話さないが、子どもを日本のインターに通わせている。英語がESLサポートなしでは学校の授業についていけない。不安を感じ、家では英語の家庭教師をつけ、さらに日本語も出来なくなってきたので日本語の家庭教師をつけている状態。

といったような例を周りでお見かけすることがありますが、「お子さんご本人の利益になっていないような気が...」なケースが非常に多くて驚きます。巷で見かける「幼少期からの英語教育」、「グローバル教育」などのキャッチフレーズを意識しすぎて色々とやらせて見たものの、結局はこじらせちゃった...?な結果になってしまっては、お子さん本人が苦労するだけです。

そしてその苦労は一体どこで報われるのか... 親の選択によって方針が変わる、教育言語が変わる、って子どもにとっては間違えなく負担ですし、苦労が報われるどころか、「遠回り」「勝算を減らす」行為だと思います。日本で偏差値の高い私立中学を受験する競争、欧米の名門大学の受験競争、どちらにしても競争社会なわけであり、どちらにおいても足を引っ張る結果になってしまわないよう、親の方針が途中でブレないようにする必要があります。

先に挙げた例の中で、特に三つ目の例は(子どもの通うインターで)日常的にお見かけするパターンです。年齢が上がるにつれ、「どの言語によっても満足にコミュニケーションが取れない」ことによる弊害は、深刻な問題です。そういったお子さんを取り巻く環境とは、現実的に「ちょっとの英語とちょっとの日本語を持ち寄ってかろうじて学校生活を送る状態の子ども(周りの子どもも似たようなものなので、本人は不便に感じてはいない)」が、「一切英語を話さない親」そして「英語しかわからないスクールの先生」、「入れ替わり立ち替わりやってくる家庭教師」に囲まれている、というものです。ストレスのあまり(でもそれを自分では言葉で訴えることが出来ない)自律神経に問題が生じたり、危うく警察沙汰になりそうな深刻ないじめの加害者になったり、といった残念なケースも。

母国語が他にあるのに、日本に住んでいながらそれでも子どもをインターナショナルスクールに通わせ学習言語を英語とする場合。そこで親の心構えとして大切なことは、そういう子どもの英語レベルを比較するべき相手は、アメリカなりイギリスの現地で育ったネイティブ英語を話す生徒達の英語レベルであることです。至極当たり前のことであり、この核心を解さずにインターに入れてはマズいと思います。

間違っても、「インターに通う子どもの英語」を、ごく一般的な「日本の区立/私立の小学校に通う日本人家庭の子どもが第二言語として習い事程度に話す英語」と比べて、自分の子はインターだから英語が上手だわ、と思っていてはなりません。比較対象が間違ってます。

後者のお子さんの英語は日本語を第一言語=母国語として年齢相応100%分を確立した上に乗せる形で第二言語として習っている英語です。こうしたお子さんは、日本語が確立している訳ですから、日本語を使用言語として算数や理科・社会などの新しい概念をどんどん学んでゆくことができます。しかし、前者のお子さんは、日本語がそこまで確実に確立している可能性は低いと思います。と同時に英語のレベルが、仮にESLサポートなしではインターの授業についていけないレベルだとすると、他の教科の学習に支障をきたしてしまうことが予想されます。そういったケースでも、その深刻さに親が気付いてあげられていないことが多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chemistry に目覚めた!③

いつまで続くか?!この「Chemistryに目覚めた!」シリーズ。苦笑 ... できれば中学ぐらいのレベルをカバーできたら上出来かな、というイメージを持っていますが、三日坊主にREAD MORE...

インター生 英語の実力②

必ずしも「インター(国内のことです)に通っているから=英語力が高い」とは言えない、ということを先日のブログに書いた矢先、ある都内の新興インターナショナルスクールREAD MORE...

「英語出来てすごいですね。」

某有名人夫婦のご子息が難関私立中学校を受験する様子を密着取材する番組が放送されており、ブログやSNSでは激励や批判などの感想が飛び交っているようです。インターナショREAD MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。