体調不良が続きすっかりペースダウン気味の化学。お腹を壊したり熱を出したりと忙しいので、仕方ありませんね。学級閉鎖のニュースも周りに増えて、いやーな季節です。なんとか乗り切ることを祈るしかない状況です。

Khan Academyのサイトの中のChemistry科目。その中(17章のうちの)一つ目「Atoms, compounds, ions」のチャプターの終わりまできました。下から二番目にあるQuiz(小問題がいくつか)を受け終わったら、この地味なキャラクターがニコニコ顔になった!しかも何かを被ってる!

内容は、化学記号の表とにらめっこしながら割とスムーズに答えていく感じです。どーしてもわからない!ってものは無いので、時間をかけて理解していればOKという温度で地味に進めて行きます。

残りは、このUnit最後の「Unit Test」をやってみて内容についていける様だったら、次は二つ目の章「Chemical reactions and stoichiometry」に進んでみます。

どこまで続くかわからない、長男くんとKhan Academy Chemistryとのお付き合い。うまくいってある程度のところまで進んでみたら、中学か高校くらいの化学の問題が解けるのか、を試してみたいと思っています。

無料のKhan Academyで、化学知識ゼロの小学生がどこまで無料で学習を進められるか。「無料」大好きママの私!興味津々です。そして、アウトプットとして中学や高校の化学の試験に対応ができそうなものなのか。このあたりを試す、(私からみたら)子どもを使った人体実験をしている気分です。とにかく今は楽しそうだから、「少しずつでも良いから、止めないようにしようね。」と声をかけて見守りたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

インター生 英語の実力①

国内のインターナショナルスクールに通う子供さんたちの本当の英語の実力というものは、本当に人それぞれであり、計り知ることができないものだと思います。親でも自分の子供のREAD MORE...

インター生 英語の実力②

必ずしも「インター(国内のことです)に通っているから=英語力が高い」とは言えない、ということを先日のブログに書いた矢先、ある都内の新興インターナショナルスクールREAD MORE...

「英語出来てすごいですね。」

某有名人夫婦のご子息が難関私立中学校を受験する様子を密着取材する番組が放送されており、ブログやSNSでは激励や批判などの感想が飛び交っているようです。インターナショREAD MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。