ギフテット教育の得意なアメリカらしいニュースです。アメリカ・カンザス州の天才児が、この春高校とハーバード大を同時に卒業する見込みである、というニュース。これが実現すれば最年少卒業の記録を更新することになる模様です。すごい!

四人兄弟の末っ子だったBraxton Moral君は、赤ちゃんの時からスポーツのスコアを数えたりすることができたり、小さい時から10歳以上年上の兄弟達の会話に年齢の差を感じさせずに加わることができたそうです。親御さんは、就学年齢に達したあと学校の先生にギフテッド児であることを知らさたんですって。

The New York TimesKansas Boy, 16, Is Set to Graduate in the Spring From High School — and Harvard」から引用)

今後は、ハーバード・ロー・スクールに進学する予定だそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chemistry に目覚めた!③

いつまで続くか?!この「Chemistryに目覚めた!」シリーズ。苦笑 ... できれば中学ぐらいのレベルをカバーできたら上出来かな、というイメージを持っていますが、三日坊主にREAD MORE...

インター生 英語の実力②

必ずしも「インター(国内のことです)に通っているから=英語力が高い」とは言えない、ということを先日のブログに書いた矢先、ある都内の新興インターナショナルスクールREAD MORE...

「英語出来てすごいですね。」

某有名人夫婦のご子息が難関私立中学校を受験する様子を密着取材する番組が放送されており、ブログやSNSでは激励や批判などの感想が飛び交っているようです。インターナショREAD MORE...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。