AP(*)を運営するCollege Boardという組織が、次年度からAP試験申し込みの締め切りを早めて11月とし(今まで締め切りは2月だった)、それ以降に申し込んだ応募者にはLate feeとしてUS$40を課す、という新しい申し込み制度を導入するそうです。Washingtonpostが伝えています。


(*)APとは、Advanced Placementの略で、アメリカの高校が提供している科目別のコース。高校のうちに科目を選んで受験しその成績が良ければ(5段階評価で3以上)大学の教養学部の単位にカウントしてくれる、というもの。高校で成績優秀者向けに提供されるAPコースを履修し、春に行われるAP試験で高成績を狙う。難関の大学を受験する準備として位置付けられているもの。

ちなみに、日本国内でAPを提供している主要スクールは以下の通り。

American School in Japan

International School of the Sacred Heart


この記事によると、次年度から申し込み期限を11月15日と設定。それ以降に申し込んだ場合は、試験費用US$94に加えて、US$40のLate feeを払わなくてはならない。そしてなんと、申し込み後のキャンセルにもUS$40のペナルティを課す、ということらしいです。

これには、「(College Boardは)独占事業だからって、こんな暴挙は許されない!受験の決断をこんなに早く迫られるなんて、生徒たちの利益になるはずがない。ラーニングそのものよりも、受験テクニックばかり追うようになってしまうではないか。」とお怒りの高校教師も多いようです。

WashingtonpostThe College Board is changing sign-up rules for AP tests. Critics say it’s an undue burden on students」から引用)

 

オバマさんのスマイル虚しく...。全米の教育関係者の逆鱗に触れることとなるのか...。NPO(非営利団体)と言いながら受験キャンセル者にペナルティを課すって、College Board。すごいな。

 

「有名私立高校はAP離れ」という話題を書いた記事(2018年10月5日)はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chemistryに目覚めた!⑥ 最初の

体調不良が続きすっかりペースダウン気味の化学。お腹を壊したり熱を出したりと忙しいので、仕方ありませんね。学級閉鎖のニュースも周りに増えて、いやーな季節です。なんとかREAD MORE

Chemistry に目覚めた!③

いつまで続くか?!この「Chemistryに目覚めた!」シリーズ。苦笑 ... できれば中学ぐらいのレベルをカバーできたら上出来かな、というイメージを持っていますが、三日坊主にREAD MORE...

海外大学合格実績の続き

日本にある高校が、どのくらいの数の生徒をどの程度の海外の大学に送り出しているのか、について調べて見たブログ記事を書きましたところ、受験シーズンということもあってかたREAD MORE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。