ABRSM検定試験の実技試験を高得点で取得すると、「High Scorers Concert」の演奏会で演奏させて頂けます。昨年受験し始めた私たちも初めて知りました。これは、ちびっこ演奏家さんたちにとって、大きな励みとなる機会のように思います。我が家のように受験したGradeがまだ低くても、同じように楽器を学ぶ若き(いや、成人した方も混じっているはずだから、子どもばかりが招待されるわけではないけれど)楽器学習者と肩を並べて演奏できることは、本人にとって非常に喜ばしい舞台になるに違いありません。楽器の練習は孤独なので、同じ志を持った同年代の子ども達を目にする機会を与えてやりたい、と私は常日頃から感じています。(参加したことは今までないけれど)このコンサートはそのような絶好の機会になるのでは?という気がします。ちなみに、この試験の知名度は日本の音楽教育界ではほとんど知られておらず、インターナショナルスクールに通う家族の一部に知られている程度です。試験会場でお見かけしたお子さん達もインターのお子さんが多かったですしコンサートもインターの方が多いのかな、と予想しています。しかし、この7月半ばというコンサートのタイミング。海外からの駐在ファミリーはお国に帰ってしまって東京にはいないのでは?と思ったり。

かく言う私達も...。今回、兄弟揃って演奏の機会を頂いたのですが、ちょうど長期旅行中で東京を不在にしている日程に当たってしまいあえなく辞退することに。残念ですが、仕方ありませんね。あまり興味のない次男ちゃんと、"せっかくだから参加したかったなあ"と残念がる長男くん。反応様々です。来年の試験で高得点がとれるかどうかも未知数だし、来年の夏の同時期に東京にいるかどうか、演奏会に参加できるかもわからないけれど。またいつか、参加の機会に恵まれますように。

Chemistryに目覚めた!⑥ 最初の

体調不良が続きすっかりペースダウン気味の化学。お腹を壊したり熱を出したりと忙しいので、仕方ありませんね。学級閉鎖のニュースも周りに増えて、いやーな季節です。なんとかREAD MORE

Chemistry に目覚めた!③

いつまで続くか?!この「Chemistryに目覚めた!」シリーズ。苦笑 ... できれば中学ぐらいのレベルをカバーできたら上出来かな、というイメージを持っていますが、三日坊主にREAD MORE...

海外大学合格実績の続き

日本にある高校が、どのくらいの数の生徒をどの程度の海外の大学に送り出しているのか、について調べて見たブログ記事を書きましたところ、受験シーズンということもあってかたREAD MORE