帰国子女の今と昔。前回の投稿に続き、今回も帰国子女の話題に触れたいと思います。昨日の投稿では、私たち親世代がかつて子どもだった時代の帰国子女と、今の帰国子女では絶対数も違うし取り巻く環境も全然違います、というお話をしました。帰国後に都心で難関校・人気校の帰国枠を目指して受験なさるために、並々ならぬ努力を続けるお子さんは今や世界中に多く存在します。昔とは違って、そういったご家庭の受験準備を現地でサポートする"塾ビジネス"の海外進出が進んだこと、もちろんインターネットの普及などハード面の発展も受け情報の回る速さも格段に上がったこともあり、海外にいても本人達が望めばかなり高い精度の受験準備が可能になったのだと思います。

海外生活の後に、「子どもの学習言語が英語だから(日本語が衰えてしまった...など)」という理由で国内のインターナショナルスクールに転入されるお子さんには良くお会いします。そのためのインターですから、当然のことです。しかし、その後の過ごし方は各ご家庭様々です。早々とインターの世界に見切りをつけて日本の公立校へ転校を決断するご家族もお見かけしますし、インターに残りながら塾通いをして私立中受験に備える方も。一方で、日本に帰国した時のお子さんがまだとても小さかったため日本でインターにいても英語力がほとんど上がらないまま、かつ、日本語も話せないままとなってしまうお子さんも数多く。あくまでお子さんの年齢や海外渡航年数にもよって、そのご家族のあり方は様々です。今日は、これまでお会いした"帰国組"の日本人ご家族のことをテーマにしたいと思います。

帰国後インターへ転入ケース

帰国後にインターに入られるお子さんは多いです。お子さんがまだ小さいケースでは、「日本語に自信がなくなってしまったから or 日本語授業についていけない」とか「カルチャー的に日本人ばかりの学校には馴染めなさそう」とか色々なお考えから「ソフトランディング」目的でインターを選ばれるケースです。逆に、もう大きいお子さんで英語が学習言語として揺るぎなく定着している場合は、日本の教育システムは検討せず「帰国→国内インター→欧米大学受験準備」へ突き進むことが一般的かと思います。

(12歳くらいまでのお子さんの場合)インター転入後、日本に慣れてきた頃合いをみて公立校へ移るお子さん、そのままインターに留まるお子さん、インターにいながら塾通いで私立中受験を計画するお子さん、など様々なケースが見られます。また、帰国組といっても、帰国後半永久的に日本に住み続ける予定の世帯と、辞令が降りればすぐまた次の駐在先へ引っ越してゆく予定の再渡航予定ありの世帯でもそれぞれ教育方針は異なってくることでしょう。後者の場合日本の教育システムに戻すメリットはあまり無く、インターに留まりながら次の辞令を待つような状況となり、お子さんの学習言語は引き続き英語のままであることが自然だ、というケースです。

帰国後に、再渡航の予定が無い場合、それでもインターに通い続けるかどうか。というのもご家庭によって判断が別れるところです。特に英語を流暢に話さない日本人両親の場合「これからはずっと日本にいるのだから(将来の受験を見据えて)やっぱり今は日本語に注力しよう。」とか「日本人ばかり多いインターにいても今後の英語力の伸びには期待できないから、インターはやめよう。日本の教育システムに戻そう。」などの中長期的なビジョンを持って日本の学校へ移っていくご家庭はある一定数います。"世帯単位で見たときの強みと弱み"を良く分析して判断できる計画的なご家庭のように思います。

就学年齢前の帰国子女

これは難しいケースだと思います。何年か渡航しその後帰国しても、まだ就学開始年齢そこそこ。という小さい年齢の帰国子女です。帰国時にまだ4,5歳と幼い場合でも「うちの子は帰国子女なので。」と言って国内のインターに進まれ、何年も過ごしたあかつきに、日本語も英語も幼児レベルのまま成長がストップしてしまうようなケースをお見かけすることがあります。英語を話さないお母さんが「うちの子は帰国子女なので。」「うちの子はインターに行ってるので英語が話せるけど日本語は下手です。」と思っているだけで、実は年齢相応の英語力が全く育たないまま、かつ、日本語は放棄状態で何年も過ごしているというパターンです。日本のインターに居ながらにして「自分の子どもの英語力が年齢相応かどうか、学業をこなすに耐えうる英語力かどうかを判断する機能を持たない世帯」が、お子さんの英語力を高いレベルまで育てるのは、非常に難しいです。(ほとんど不可能なのかもしれません。)

(ご両親ともに英語がネイティブでない日本人の場合)帰国時点でまだ幼い日本人家庭のお子さんは、迷わずにまずは日本の教育システムに入れてあげるのが最善のように私は思います。日本人の両親を持って日本に長く暮らすのであればまずは日本語を母国語レベルにしっかり確立することが大切であり、そこから後に得られる利益は大きいと思います。小学校中学年くらいまでであれば、日本語の巻き返しは家族がしっかりサポートすれば可能なケースが多いと思います。ましてや就学開始年齢そこそこの小さい年齢であれば、「帰国子女なので」と固執せず、日本語に軸を移すことに専念しつつ、余力があれば英語も第二ヶ国語として高レベルで維持すれ努力を続ければ良いのだと思います。日本にあるインターのことを、「非ネイティブのお子さんをただ入れておきさえすればCompetitiveな英語力を自動的に身につけてくれる場所」だと期待してはいけません。

次回は、帰国子女ネタ第三弾、ということで、帰国後インター転入なしで受験予定のケースのお話をしたいと思います。

関連記事:「帰国子女 ①」(2019年7月4日投稿)

小学生がKhanAcademyで学んだら

いつまで続くか?!この「小学生がKhanAcademyで学んだら?」シリーズ。苦笑 ... できれば中学ぐらいのレベルをカバーできたら上出来かな、というイメージを持っていますが、READ MORE

チョート・ローズマリー・ホール

名門ボーディングスクールのChoate Rosemary Hall(チョート・ローズマリー・ホール)校で学んだ岡崎玲子さんの「レイコ@チョート校―アメリカ東部名門プレップスクールREAD MORE

プログラミング習った方が良いで

プログラミングを習った方が良いですか?どのスクールが良いですか? - と言う内容のお問い合わせをいくつか頂きました。個別に回答済みのお問い合わせなのですが、他に同様のREAD MORE