新学期が始まりぼちぼち。という頃合いでしょうか。私は、子ども達を送った後のコーヒーの味を噛み締めて幸せを感じています。笑 今日も元気に登校してくれてありがとう!長かった夏休みを乗り越えた自分に乾杯!とばかりに苦めのコーヒーをすすっています。

新学期が始まると、放課後活動の選択・登録の締め切りがあったりしますよね。我が家が、通っているインターナショナルスクールの放課後アクティビティを一切やらなくなって、もう2年くらいが立ちました。学年が上がると、やりたい事や学びたい事は校外でやることが多くなってしまいました。それによって送迎が大変になることはわかっているのですけどね...。

通っているインターナショナルスクール内でスポーツや楽器などのEC(=Extra Curricular activities)を選ばなくなった理由は、色々あります。何年も前は、色々な種類のアクティビティをとったりしてたのですけれど...。「内容が期待とちょっとだけズレている」というのが主な理由です。例えば語学のアクティビティだと「グループレッスンの限界」を感じてしまったり。(語学はやっぱり個人でなければ上達の上昇カーブがうまく描けないと思うんです...。)「もうちょっと真剣にやりたいのだけれど、他の生徒(おそらく親御さんに勧められて参加してるのでしょうね)は真剣ではなくお遊び状態...。」で物足りない、とか。先生の姿勢も個人の差が大きくて「これ有料なんだけど...。(お金を払っているのに、納得がいかない!)」という経験もしました。

学年が上がるにつれ、放課後から寝るまでの時間の使い方に頭を悩ませることが増えました。何かをやる時に「いかに本人の集中力の高い瞬間をその作業中に当てて上達を引き出すか」をいつも考えていますが、なかなかうまくいかないことが多いです。「他のことやりたいのに」「眠い」「疲れた」ナドナド...。あっと言う間に食事の時間、シャワー、で   ちーん......   終了。時間切れで就寝 zzzzzz という日々です。それを考えると、スクール内で希望に叶うアクティビティを効率よくこなしてきてくれたら良いのですが...。実際のところ今回も申し込みは「無し」でいきそうです。