今日の昼食は、お弁当用に炊いたお米にスーパーで買って来たぶりのお刺身。私一人だけのちょっと贅沢なひとときを... と思って艶のあるぶりを選んで買って来たのに、お刺身のスライスの薄さときたら驚異的!で、心がさむーくなりました。私のぶりをこんなに薄く切るなんて!信じられない... と傷心の私。パソコンの前でメールを開いたら「オリンピック観戦チケット第2次抽選申込」の案内がきていました。我が家全ての運を注ぎ込んだ第1次抽選は全滅... 泣  開会式をはじめ、ありとあらゆる「これは人気ないから当たるんじゃない?」的な競技もことごとくハズレてしまいました。

さて、第2次抽選はいかに!!!と言いたいところですが、実は私。心の中でブレーキがかかっています。「この抽選、もう申し込まなくていいや。」と。その理由は、子ども達のサマーキャンプ/スクールです。いつも、年末年始あたりから次の夏に参加したいサマースクールを選定し、先方と連絡を取り始めて実際に申し込みのプロセスへと進みます。しかしオリンピック観戦のチケットがもしも当たってしまったならば、そうは行きません。その間、東京にいなくてはならなくなります。「自分が住んでいる町でオリンピックが開かれるなんて一生にあるかないか、だよ!競技は何でも良いから、とにかく東京にいて雰囲気を楽しもう!」という夫と次男。

私と長男は、これまで調べて来たり実際に参加したものも含め、行きたいサマースクールがたくさんあるので、そちらを優先させたい気持ち。オリンピックのため飛行機のチケットが入手しにくくなるだろうから、早めにスクールを決めてチケットも押さえたほうが良いよね。という腹づもりです。たった4人の家族なのに、こうやっていつも意見が合いません。困ります。

これまで参加して来た夏のキャンプやスクール。日本国内の環境では学べない言語を現地のローカルの環境で名一杯吸収してくる目的で参加したヨーロッパでのサマースクール。緑いっぱいのリラックスした環境で伸び伸び参加したカナダのキャンプ。また参加したいなあ、と思うものばかりでした。加えて、これからはもう少しアカデミックなサマースクールも必要になってくるお年頃かもしれません。やりたいことがたくさん。でも、高校を卒業するまで親元にいて、夏休みを一緒に過ごすことがあと何回あるか?を数えてみたら、もうそれほど多くはないということに気づいてしまいます。

確かにオリンピックも大事なのですが... うーん。悩みます。